-お店の紹介-

西葛西駅高架下 江戸切りそば やしま Website

やしま
※店名の由来 やしまとは、日本を指す古語『大八州』(おおやしま)のこと。立ちそばを全国に広めたいと言う思いで命名。
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-14 メトロセンター2番街(地下鉄東西線西葛西駅高架下)地図
03-3675-1461
月〜土7:00~20:00
日曜休み
写真
沿革
1979年10月 先代池田真明により、現在の店舗所在地に立ちそば「やしま」を創業。地下鉄西葛西駅開設。
1993年1月 リニューアルオープン。 味と提供スピードのレベルアップを目的に、店内で茹であげた麺+自家製天ぷらを主力商品として打ち出し、メニューも一新。 そば粉高配合の生めんにし、茹で時間も短く済み、そば自体の香りと旨み成分が残る細切りの“江戸切り”を採用。つゆはかつお本枯節を中心にした本格的なものに変えた。 天ぷらも、胃にもたれず、さっくりとした仕上がりになるように、高温に強い天ぷら用サラダ油を使用。 タマネギなど野菜も機械ではなく手切りにして、味と食感を大切にするのれん店に勝るようにした。 また、中高年や女性でも働きやすい厨房環境を維持し、専門職人でなくても誰もが上手に天ぷらが揚がるように電磁天ぷら機を導入するなど、立ちそばのシステム化をはかった。
1994年6月 有限会社やしま設立。 代表取締役社長に池田真明就任。
2002年8月 店内改装。
メニューの特徴
自家製天ぷら そば・うどんメニュー計21品。丼セット2品。一番の売れ筋メニューは「かき揚げ天そば」(350円)で、全売上の40%を占める。 オリジナルメニューとして「あさりそば」「鶏天そば」「冷ししらすおろしそば」などこれまでにない独自のメニュー開発を積極的に行っている。 また店の看板になっているのが自家製天ぷら。他店に比べて種類が豊富(約10種)で、テイクアウトも多く、追加オーダー率も高い。
媒体露出事例
テレビ番組:1997年12月21日『日曜ビックスペシャル ラーメン うどん そば・・・3大めん人気の秘密』(テレビ東京)など。 *料理人神田川俊郎氏によって弊店のかき揚げが賞賛される。
雑誌・書籍:2000年4月『旨い!立ち食いそば うどん』(小学館文庫)に掲載。『そば うどん30号』にも掲載。
弊店で研修後に独立した繁栄店事例も多数あり。*米国・NY市「蕎麦屋」など
戻る 上へ